トップ   展示会のお知らせ   工房探訪記     展示会訪問記    漆刷毛のご紹介    使い方   漆刷毛師泉清吉   

トップページ > 展示会訪問記 >  第9回 吉田宏之さん

第1回 鎌田克慈さん   第2回 手塚隆さん    第3回 名雪園代さん   第4回 佐藤阡朗さん 第5回 静岡漆器組合さん

第6回 赤木明登さん   第7回 伏見眞樹さん      第8回 須藤賢一さん    第9回 吉田宏之さん

   
テーブルウェアフェステイバル2009 2009年2月1日、東京ドームで行われた「テーブルウェアフェステイバル2009」に出かけてきました。

今回は輪島の吉田さんからご案内いただき、使っている漆刷毛も見せていただこうとお伺いいたしました。

後楽園や東京ドームなどかなり頻繁に行っているのですが、実は中に入るのは初めてなのです。

しかもグラウンドまでは。

今日は四谷に用事があったのでクルマは駅前のコインパーキングに停めて中央線で 3つ目の水道橋まで行くことにしました。風が強い日です。

ちょっとワクワクしながら東京ドームに行くと 、かなりの人がすでに並んでいて行列を作っています、聞いてはいましたが、かなりの人気なのですね。

 


観客席からグラウンドへ下りて、漆器のコーナーを目指します。

ありました!吉田漆器工房さんのコーナーが。

吉田宏之さん、奥様もお出でになりご挨拶。早速展示の作品を拝見。いつもながらのレベルの高い作品、製品です。

吉田さんが

「これが使っている泉さんの刷毛です。」と見せてくれました。

「これは、先代の泉清吉さんの2寸5分の本通し刷毛ですよ。」

と手に持ってくれました。これはすごい!

テーブルウェアフェステイバル2009 入り口

輪島 吉田宏之さんと2寸5分 吉田さんのコーナーの並びの、輪島の工房松やさん、蔦屋漆器店さんのところにもおじゃまして拝見させていただきました。

皆さん、力の入った作品、製品。バラエティーに富んだものばかりで思わず

「ヘーッエ、へーッ」と説明に聞き入ってしまいました。

奥に津軽の工藤さんも来ていますよ、と教えてもらい津軽塗りコーナーへ。箸の磨きの実演中でした。

さらに、秋田大館の佐藤さんもおられるよと言われてごあいさつ。

息子さんから

「いつも刷毛、使わせてもらっています。」と言われてうれしくなりました。良い作品、製品がたくさん並んでいました。


秋田 川連 佐藤さん  

吉田 宏之さんの漆刷毛

左 秋田大館の佐藤さん

右 津軽の工藤さん

中 吉田さんの漆刷毛

弘前 工藤さん


吉田さん 泉清吉 引持さん 大工さん

楽しく皆様とお話しさせていただきました。ありがとうございます。

左 吉田宏之さん  泉清吉   中 工房松や 引持松雄さん

右 蔦屋漆器店 大工素也さん

他の漆器コーナーにも会いたい方がおられましたが、だいぶ会場も混んできました。ひっきりなしにお客様が質問されています。

お仕事のおじゃまになってもいけないので、そろそろ失礼をいたました。たくさん売れると良いですね♪

競馬の場外馬券売り場に急ぐ人の群れの逆を歩き水道橋駅へ戻りました。


四谷駅 水道橋駅 中央線で四谷に戻る間、線路と並ぶお堀(皇居 外堀)を車内から眺めていると、小学生の頃、良くこの、飯田橋〜市ヶ谷間のお堀でクチボソ釣りをしたことを思いだしました。

土手に腰掛けてノンビリと友達と釣り糸を垂らします。簡単にたくさん釣れました。

今では考えられませんよね。のどかでした。

昭和38年頃の昔の話しです。

今日は風がありますし、まだ用事も残っていたのでどこへも寄らず、四谷から代々木に向かうことにしました。


トップ   展示会のお知らせ   工房探訪記     展示会訪問記    漆刷毛のご紹介    使い方   漆刷毛師泉清吉   

Copyright (c) 2001-2010  urushibake .com All Rights Reserved.