トップ   漆刷毛師泉清吉        皆様の展示会のお知らせ   展示会訪問記   工房探訪記     漆刷毛のご紹介   使い方

      

 

第3回 目白漆芸文化財研究所

2002年7月6日

 

田中勝重工房  目白漆芸文化財研究所 金沢卯辰山工芸工房   輪島漆芸研修所  小林宮子漆芸教室 小西美術工藝社

赤木明登工房     新木場     広島市立大学    小信工房    東北芸術工科大学       東北芸術工科大学−2

目白漆芸1.jpg (12397 バイト)
2002年7月6日、東京目白にある室瀬和美先生の工房をお訪ねしました。室瀬 先生は雑誌やら新聞その他、大学などでご存知の方も多いかと思います。正式には、目白漆芸文化財研究所といいます。

わたしと室瀬さんは前回の田中勝重工房の田中さんと同じ年です。(なんか不思議ですね)

最初にお会いしたのは、私が退社して八世 泉 清吉のもとで修行を始めた28年前です。

前列 右 室瀬 先生 泉  荒川先生 小野さん 

後列左 奥井さん 大西さん 長田さん 奥様 野口さん

 

お仲間2人と訪ねてこられ、父といろいろ話しをしていかれました。帰り道、巣鴨駅で一緒に

コーヒーを飲んだ事を覚えております。その後、いろいろなところでお会いしたり、刷毛をご注文いただいたりして、ずつとおつきあいがあるのですが、残念ながら工房にはおじゃましていませんでした。

お忙しい中、おじゃましては申し訳けないと思ってしまうのですね。でも、今回、機会があってようやくお伺いすることができました。


さて、東京、巣鴨に長年住んでいながら3つ先の目白駅にはほとんど下車した記憶がありません。今回駅を降りると、すぐ右手には学習院の緑が飛び込んできした。なんとなく、品の良い高級な感じ(笑)がしますね。

そして学生さんが目につき、雑誌にもよく紹介されるようにケーキ屋さんとか、喫茶店とかいろいろあります。ゆっくり歩いていくつもりでしたが、バスがちょうど来たのでそれに飛び乗りました。バスは3年振りで、料金もわからず思わず「いくらですか?」


東京の真ん中池袋の近くとは思えないくらいひっそりとした静かな住宅街の中、到着。伝統文化の香り漂う玄関を通って、工房内に。壁面には漆、工芸の本がたくさんありびっくり。迫力ありました。半地下になっている部屋なので、窓からは、庭の木々の緑がよくみえます。スタッフの方、奥様など集まっていただいており恐縮です。こんにちわ、いつもは電話で声だけでお会いしています。(笑)

そして、浄法寺漆掻き日誌の大西さんこんにちわ、です。
このあと、父もお世話になった荒川浩和先生の講義があるとのこと。せっかくでしたので、とても簡単でしたが、刷毛つくりの実際を見ていただきました。髪毛を揃える工程、巻込作業、切出。

目白漆芸2.jpg (7172 バイト)

髪毛を揃える作業の大変さをご理解いただき、うれしかったですね。この単調な工程は、下ごしらえですが、とても重要であると同時に年期の居る作業です。このあと、荒川先生がおいでになり、また、何度か個展紹介をさせていただいた野口さんも髪毛をもってこられました。

そして、小野さんも髪毛を。良い漆刷毛に仕上ますので、とお預かりいたしました。そして、お約束の記念撮影。パチリ。


お忙しい中暖かく迎えていただき有難うございました。漆といっても、塗る方、、研究の方、教える方などいろいろありそれぞれにとても楽しいものですね。そして、そんな方たちと漆を通じてお知り合いになれたことをとても、最近とてもうれしく思うようになりました。
 

Copyright (c) 2001-2010  urushibake .com All Rights Reserved.